性病のなかでも感染者の多いクラミジア

日本での感染者数はおおよそ100万人以上と言われる性病の一つであるクラミジアは、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる微生物に感染することで発症します。
性器クラミジア感染症とも言われるこの性病は主に性行為によって感染すると言われ、粘膜同士の接触、精液や膣分泌液に原因菌が侵入することで引き起こります。
一般的なセックスは当たり前ですが、粘膜同士の接触でも感染する可能性があるので舌を口内に入れるディープキスやオーラルセックスによっても発症しやすいです。
この他アナルセックスでも感染するとされ、コンドームを使用することで原因菌の侵入を減少できますが必ずしも0になるわけではないので注意が必要です。

クラミジアの感染確率は高くコンドームを装着せずに性行為に及んだ場合、50%を超える確率で感染する恐れがあるとされます。
その為この性病の患者は日本では最も多く、特に感染者数の約6割が10代から20代の若者だと言われます。
男性なら尿道の痒みや膿が出る、睾丸の腫れや痛みなど、女性ならおりものの増加や下腹部痛、不正出血といった症状が見られるものの多くの場合クラミジアによる自覚症状は少ないと言われます。

具体的な数値で言えば男性なら約50%、女性なら約80%の人数がこの性病に感染したけれど自覚症状のないまま進行してしまうと言われます。
なので気がつかないうちにパートナーにうつしてしまい、結果感染者数を増加させることに繋がります。

また妊婦が感染している場合、生まれてくる赤ちゃんもクラミジアに感染してしまうことがあります。
新生児は体力や免疫機能が低く、感染し重症化すると将来的に後遺症や生命の危機にさらされることもあります。
早い段階で発見し対処することが大切であり、性病検査は病院や保健所で行えます。
病院なら婦人科や泌尿器科、性病科などで可能であり、稀に内科や皮膚科でも検査ができると言われます。
ちなみにクラミジアの潜伏期間は約1週間から3週間であり、検査を考えるのなら性行為後1週間ほど経過しないと正確な検査ができないので注意が必要です。

クラミジアの治療薬

病院で行われるクラミジアの治療は抗生物質による薬物療法であり、ジスロマックと呼ばれる治療薬が医師から処方されるものの中で多いです。
ちなみに抗生物質にはマクロライド系やペニシリン系、セフィム系などの複数の系統があります。
副作用が少なく妊婦や子供でも服用しやすいジスロマックは、アジスロマイシンを主成分とし病原菌の蛋白合成を阻害することでその増殖を抑える働きを持ちます。

マクロライド系抗生物質であるジスロマックはクラミジアをはじめとした様々な殺菌効果があり、歯周病や蓄膿症、マイコプラズマ肺炎などにも活用されます。
効果の持続時間が長く、服用は1回で済みますがその後は体内に完全に原因菌がないか検査をするのを忘れないようにしましょう。
マクロライド系の薬はクラミジアの除菌率が高く、副作用が少ないとされジスロマック以外にはクラリシッドなどが挙げられます。

クラミジア治療薬で使用されることの多い薬の主成分であるアジスロマイシンは、アレルギー反応を起こすことが少なく、ペニシリン系やセフィム系抗生物質のアレルギーを持つ人にも適応可能とされます。
副作用も少ないですが、完全にないわけではなく下痢や腹痛を初めとした胃腸障害が中心となって引き起こる恐れがあります。

また飲み合わせもあり制酸剤や抗血栓剤を併用して服用すると有効成分の吸収が悪くなったり逆に効果が増強する可能性があるので注意しましょう。
基本的にジスロマックのみを用いてクラミジア治療は行われますが、症状によって別の薬品を併用することもあります。
性病の症状が酷い場合はミノマイシンと呼ばれる抗生物質の点滴を3日から5日間投与した後、内服薬に切り替えます。
ちなみに治療期間は約3週間から4週間とされ、これは原因菌が完全に死滅するために最低でも3週間かかるためです。