カンジダは女性の病気と呼ばれるくらいに女性に多い病気であり、女性であればその多くの人が経験したことのある病気であり、この病気は年齢に関係なく発症することがあるのが厄介なところです。
カンジダは全身のあらゆる場所で発症しますが、特に多いのは膣とその周辺部で「性器カンジダ膣炎」と呼ばれています。
このカンジダは自覚症状がない場合もあり、膣という場所からも病院で診てもらうのを躊躇う女性も多く、放置されやすい病気でもあります。
しかし放置すれば感染が拡大するだけですので、正しい知識を持って対処に当たっていくことが重要になってきます。

カンジダの症状と原因を整理する!

カンジダについて説明する医者 カンジダの症状は男性と女性とでは違ってきます。
ただし男性がカンジダを発症するのは稀であり、それが、カンジダが女性の病気と呼ばれる所以でもあります。
このカンジダとは、女性の体に元々いるカンジダ菌という真菌で、カビの一種です。
特に多くいるのは女性の膣粘膜であるため、この病気が膣の周辺部で多く発症する原因であり、このカンジダ菌はカビの一種で有るが故に膣のような暗く湿った場所を好むので、どうしても膣で発症しやすくなってしまうのです。
カンジダ菌は常在菌として生まれた時から体にいるので、本来は善玉菌として生息しています。
ただしカビの一種なので増殖することがあり、それを阻害しているのが人間の肉体が酸性であることです。
人間の肉体が酸性なので、この酸性がカンジダ菌を必要以上に増えるのを通常は阻害しているのですが、この酸性度というのは少しの変化で簡単に変わってしまいます。
この病気になりやすいのはホルモンバランスが崩れた場合であり、女性は生理や妊娠によってホルモンバランスが崩れやすいので、男性に比べて多く発症している原因となっています。
またホルモンバランスが崩れた時だけではなく、ストレスや疲れが蓄積されて体調不良になっても免疫力が低下するので菌は増殖していきます。
この病気では殆どが性器カンジダ膣炎になり、この症状が起こるとおりものの異常や膣とその周辺部の痒みや痛みとなって発症します。
またこの菌が尿道で繁殖すると排尿痛も引き起こします。
男性の場合には、この排尿痛になることが多くなっています。
カンジダ膣炎になるとおりものが白く濁ったような状態になり、これがこの病気を発症した場合によく発見される症状です。
稀に黄緑色や黄色になることもありますが、その場合は他の性病の可能性もあります。
臭いも正常時には無臭ですが匂いを放つようになり、鼻を突くような匂いになったら膣炎が悪化している可能性があります。
そしてヨーグルトのような粘り気を持つようになっていき、おりものシートや膣の周辺部でチーズのようなおりものが発生したらカンジダ膣炎になっている可能性が高くなっている証拠でもあります。
かゆみは初期の頃には少しの違和感程度にしか感じませんが、悪化すると膣の内部が熱く感じるほどの痛さとかゆみとなって生じてくることがあります。
しかしカンジダ膣炎となっても全く症状が出ない場合もあり、気付かない人も多いというのが実状です。

カンジダの治療薬カーネステン

カーネステンとはカンジダの治療薬としては有名であり、別名としてエンペシドとも呼ばれています。
カンジダ治療薬として使う場合には膣錠とクリームタイプといった塗って使用するものとを併用することが多いので、このカーネステンも膣錠とクリームタイプがあるので、その両方を併用して使うと効果が高くなります。
カーネステンには主成分としてクロトリマゾールを使っていて、このクロトリマゾールはカンジダに対して効果が高く体にも優しい成分であるので、この病気が発症するのが膣とその周辺部という女性にとってはとてもデリケートな場所であることを考えれば、治療薬としては最適であるとも言えます。
このカーネステンがカンジダに対して働く作用としては、病気の原因となっている菌がカビの真菌の一種であるので、この真菌の増殖を阻害して死滅していってくれるところです。
そのためカーネステンは抗真菌薬に分類されています。
この真菌ですが常在菌として体に常にいる菌であり、この菌が異常に増殖したために発症する病気なのですから、その治療としては真菌を減らせばいいだけです。
使用方法は膣錠の場合は座薬のように膣内に挿入して使用します。
挿入する時に患部が不潔であると更なる悪化を招く可能性があるので、ある程度は清潔にしておいて下さい。
また手の雑菌が膣内に入り込むことも考えられるので、手も洗っておくかビニール手袋などを着用し、手から雑菌が膣に入るのを防ぐ処置を行って下さい。
カンジダを発症しているということは、膣が本来持っている自浄作用が低下している証拠でもあるので、他の雑菌から膣を守るためにこの手順は守って下さい。
そして膣錠は出来るだけ奥の方に挿入し、薬液が垂れてくる可能性があるので使用するのは就寝前が最適です。
この薬液は透明なのでそれほど目立ちはしませんが、やはり使用した時はおりものシートや生理用のショーツを着用した方がいいでしょう。
クリームタイプの方は塗るだけですので、他の塗り薬と同じ使い方で大丈夫です。
ただし塗る場所が膣の周辺部となるので、あまり厚塗りをすると下着を汚す原因になります。
それにこのカーネステンのクリームタイプは薄く広げるような塗り方で十分に効果が得られるので、それほど厚く塗る必要は有りません。
またこのクリームタイプを使用する時にも、膣の周辺部と手は清潔にしておく必要があります。

カーネステンの副作用

カンジダの副作用について考える人 このカーネステンは体に優しい成分を主成分としていますので、膣錠として膣の内部に入れますが、それほど副作用を気にする必要はありません。
またクリームタイプも塗るだけですので、塗ったために酷い副作用となるといった事態は起きにくくなっています。
しかし薬なので、少なからず副作用というものも存在しています。
この病気になるというのは体の免疫力が低下していることが原因です。
免疫力が低下するのはストレスや疲れからくる体調不良や病気などですが、この抵抗力が弱っているために副作用も起きやすくなっています。
カーネステンを使ったために起きる副作用としては患部へ刺激となって感じる痛み、皮膚炎、赤みやかゆみ、皮膚のただれ、発疹などです。
他の塗り薬でも起きる可能性がある症状が多いのですが、体の免疫力が低下しているのを考えれば、もしも気になるのでしたら医療機関などで相談してみる方がいいでしょう。
いくら体に優しい成分を配合しているとは言っても、やはり人間なので個人差というものが有ります。
もしかしたら自分の身体には合っていないという可能性も有るので、少し様子を見て改善しないのであれば医療機関で診てもらって下さい。
またこのカーネステンは抗真菌薬であるので、他の原因から発症した病気に対しては効果が得られないこともあります。
膣やその周辺の病気は菌が原因となるものもあれば、原虫や細菌が原因となっている場合もあります。
特にこの性器に関する病気の治療薬というのは個別の症状だけに対応しているのが多いので、間違った治療薬を使用すると別の病気を発症したり、その病気そのものを悪化することもあります。
そのために治療薬を使う場合も自分勝手な判断で病名を決めつけるのではなく、まずは専門の医療機関で病気の特定をしてもらい、そこからこの病気に適した治療薬を使用するという方法をとって下さい。
カンジダは他の人から感染して発症する場合もありますが、殆どが自分にいる菌が増殖したために発症する自己感染型の病気であり、性病とは違います。
しかし性病と同様に性行為から相手に感染する可能性もあるので、治療は必ず完治するまで行って下さい。
特に女性はホルモンバランスが崩れたり免疫力が低下すればいつ発症してもおかしくない病気なので、自分の体調管理をしっかりと行い、病気になっても直ぐに対応できるようにできるように心掛けておくことが大切になってきます。

あわせて読みたい記事